業者を使うメリット

様々な方法からの選択

男性

同人誌は、自分が原稿を書ける環境さえ整っていれば誰でも制作可能です。
自宅のプリンターやコンビニのコピー機でも本は簡単かつ安価に作れます。
そういったいわゆるコピー本の他にも、印刷業者に印刷から製本、そして搬入まで任せてしまう方法もあります。
印刷業者は当然プロですので、自宅では簡単に再現できない技術を持っています。
例えば、表紙に豪華な箔押しをしたり、豆本という小さな冊子を作ったりする事が出来ます。
同人誌を制作している業者は、インターネットで検索すれば沢山出てきます。
値段も技術の幅もピンきりですのでなるべく多くのサイトを見て、自分に合った会社を探しましょう。
コピー本の場合は自分の好きなフォーマットで印刷できますが、業者に依頼する場合はテンプレートに合わせなければなりません。
多くの同人誌を刷るためには型が必要なので、原稿に取り掛かる前に業者を決めてテンプレートをダウンロードしましょう。
もし調整する方法が分からなければ、直接業者にコンタクトを取って聞いてみてください。
自己解釈して進めるといざ印刷の段階になって修正になる可能性があります。
綺麗な同人誌を作るためにも慣れない内は他人の指示を仰ぐのが得策です。
印刷業者を通すことで手の込んだ同人誌を作れます。
わずらわしい部分を業者が請け負ってくれるので原稿にも集中できます。
一方で締切がありイベントギリギリまで原稿作業は出来ません。
その点コピー本は製本作業の面倒さはありますが、直前までかき直しがききます。
両方の利点とデメリットを踏まえて、合った方を選びましょう。

注意する点

冊子

同人誌の製作を行う人の数は年々増え続けていますが、なかなか敷居が高いと感じてしまい、二の足を踏んでいる人の数も同様に多いと思われます。
またいざ作ろうとしたけど失敗してしまったという人の話もよく聞きます。
なので、今から簡単な同人誌の作り方を説明していきます。
まずは同人誌の原稿の作り方ですが、主にアナログとデジタルの二つに分かれます。
アナログの場合は画材屋などに売っている専用の原稿用紙を用意し、それに文章や絵を書き入れそのまま印刷業者のもとへ送ります。
注意すべき点としては印刷に出ない色やインクなどは使わないことと、指定されているサイズ以外の用紙は使わないことです。
薄い色などは印刷に出ないことも多く、またどうしても使いたい場合はそれ専用の調整を業者に頼んでおく必要があります。
用紙のサイズは主にB4やA4が基本で、大きなサイズの原稿を作りたい場合もそれ専用の調整が必要になります。
デジタルでの原稿を作りたい場合は、まず決まった印刷業者のサイトに載ってあるテンプレートをダウンロードします。
そのテンプレートに載っているソフトや原稿のサイズに沿って原稿を作り上げていきましょう。
また、原稿にデジタルトーンを使用する場合はそのトーンが印刷に対応しているかのチェックも必要です。
同人誌の原稿をデジタルで作っている人はよくレイヤーと呼ばれる機能を使っていることが多いですが、このレイヤーをまとめる作業をしないまま印刷に出す人も多く、これは印刷業者へ迷惑をかけてしまうので気をつけましょう。

カラーの指定も可能

女の人

自分の作品を本にして売りたいと考えた時に、有効な手段として挙げられるのが同人誌を作成するという方法です。
現代では、この同人誌を作成して、イベントなどで販売している人達が増えています。
オリジナルで本を作成する場合、印刷などは専門の業者へ依頼するのが一般的です。
同人誌の印刷料金は、ページ数と部数によって決まります。
これらが多いほど、トータルコストは高くなりますが、1ページあたりのコストは安めになるのです。
たとえばモノクロ印刷の同人誌の場合、20ページ分を50部印刷すると、料金は約1万円となります。
しかし100ページの同人誌の場合、ページ数は5倍ですが、料金は5倍にはならず、3倍程度の約3万円となるのです。
このように同人誌の印刷料金は、基本的にはページ数や部数に比例しますが、正比例ではなく緩やかなカーブを描いて上昇していくのです。
そのため、ページ数の多い同人誌を多く制作すれば、薄利多売が可能になるといえます。
もちろん売れ行きにもよりますが、少ない部数の同人誌を高めの価格で売るよりも、高い利益率が期待できるようになるのです。
また印刷会社には、同人誌のカラーも指定できるのですが、これによっても料金が上下します。
黒色や青色や赤色などのモノクロ印刷の場合は比較的安く、フルカラー印刷の場合はやや高めになります。
また、同人誌を作成する際は、フルカラーとなる部分は、表紙と裏表紙、そして冒頭の数ページのみという場合がほとんどです。
そのためトータルでの負担は少なめですし、それでいて一層美しい仕上がりとなるので、フルカラー印刷は利益率をさらに高めるために利用されています。

低予算でも工夫して作る

冊子

同人誌の表紙や本文に使う用紙を工夫すると、同じ原稿でも仕上がりに差が出ます。無料の紙見本を用意している印刷所もあるので、具体的なイメージが湧かない場合は実物を見ながら印刷デザインを考えるのが一番分かりやすい方法です。

もっと読む

印刷や製本のサービス

CMYK

同人誌を印刷したい場合、専門の印刷所へ注文するのがおすすめです。そういったところは少部数からでも対応してくれたり、印刷の説明や製本について詳しく説明してくれます。オンラインのサイトからいつでも注文ができるので、気軽に同人誌作成ができるようになっています。

もっと読む

業者を使うメリット

男性

同人誌にはコピー本と印刷業者に任せた製本の二つがあります。どちらもメリットとデメリットがあり、自分に合った方を選択する必要があります。製本まで自分でやりたい場合はコピー本、製本は専門に任せて中身に集中したい場合は業者、と分けて考えましょう。

もっと読む