イベントでの頒布に便利

保管や発送のサービスも

男の人と女の人

印刷所では、同人誌を希望に合う形で作ってもらえます。
印刷所へ依頼する場合、印刷カラーはモノクロやフルカラーから選択できますし、モノクロの場合でも白黒やブルー系など、複数のものから選ぶことができるのです。
サイズももちろん指定でき、同人誌で定番となっているA5サイズやB5サイズを始め、市販のコミックスと同じB6サイズなどにすることも可能です。
さらにフルカラーのカバーをつけてもらうこともでき、これにより市販のものと比べても遜色のない同人誌が仕上がります。
部数は、印刷所にもよりますが、一般的には50部から受け付けられています。
中には、1部のみでも印刷可能という印刷所もあります。
上限は設けられていないことが多く、たとえば1000部を超えるような大口発注もできるのです。
しかもこの場合は、完成した同人誌を預かってもらったり、指定場所に送ってもらったりことも可能です。
部数が多いと自宅での保管は難しく、また即売会などのイベント会場に持って行くことも困難です。
そのため印刷所では、同人誌をイベント開催まで預かり、当日や前日に会場に届けるというサービスを実施しているのです。
これにより依頼主は、同人誌をイベントで手軽に頒布できるようになります。
もちろん完成した同人誌に問題がないかどうかを確認するために、事前に数部のみ自宅に送ってもらうことも可能です。
このようにサービスが充実しているため、印刷所は全国の同人活動で頼りにされています。

お絵描きソフトを活用

CMYK

インターネットの普及により、同人誌にも様々な変化が現れています。
イベントには参加せず、オンラインのみで活動する人も少なくありません。
最近人気を集めているのがお絵描きソフトを使った同人誌の制作です。
お絵描きソフトとは、ペンタブや液晶タブレットを使って絵が描けるソフトの事です。
では、具体的にどのような点が人気なのでしょうか。
アナログで原稿を作成した場合、インクが薄いと上手く印刷されない事があります。
また、トーンによるモアレが発生する事もあります。
お絵描きソフトでは、あらかじめグレースケールに設定する事で、黒い部分、トーンの部分を綺麗に表現することができます。
次に人気の理由が、入稿方法です。
アナログで入稿する場合、原稿用紙を印刷所に郵送します。
繁忙期や悪天候が続くと、郵送まで時間がかかる事があります。
お絵描きソフトの場合、印刷所が指定したファイル形式に設定するだけで、簡単に入稿する事ができます。
郵送にかかる時間を気にしなくていいため、締め切り直前まで作業を続ける事ができます。
また、お絵描きソフトにはページの構成が簡単にできる機能がついています。
ページの入れ替えはもちろん、特定のページだけを修正する事も可能です。
印刷所に入稿する時、気になるのが同人誌の仕上がりです。
印刷の仕上がりを確認したい場合には、事前に印刷所からオンデマンド印刷のサンプルを取り寄せておくとよいでしょう。
また、インクの色見本や、紙の見本も用意されています。
同人誌の用紙にもこだわりたい人は、サンプルを見てから決めるとよいでしょう。

入稿予約も可能

印刷機

同人誌の多くは、定期的に開催されるイベントで頒布されています。
そのため同人誌の印刷は、そのイベントの開催日に合わせて、印刷所に申し込む必要があります。
同人誌の印刷は、ページ数と部数にもよりますが、数日から1週間ほどかかることが一般的です。
表紙のオプション加工を利用する場合は、さらに日数が多くかかります。
また、入稿や納品に宅配業者を利用する場合は、その日数も計算に入れる必要があります。
そのことから同人誌の印刷は、イベント開催日の遅くとも2週間前には依頼することが大事とされています。
また印刷所によっては、入稿予約を入れることも可能となっています。
原稿が仕上がる時期を予測して、それに合わせて入稿日を決め、印刷所に伝えておくことができるのです。
大きなイベントの開催前は、印刷所では入稿が殺到して、新規申し込みを受け付けることが困難になることがあるのですが、早めに入稿予約をしておけばその心配はなくなります。
また入稿予約により印刷所では、効率良く作業を進めるためのスケジューリングができるようになります。
そのことから多くの印刷所が、入稿予約が早期に行われた場合には、料金を20〜30%割引しています。
つまり入稿予約には、同人誌を確実に印刷してもらえるというメリットと、安く同人誌を制作できるというメリットがあるわけです。
印刷の申し込みも入稿予約も、どちらもインターネットの専用フォームから行うことができます。
部数や印刷形式を入力すると、おおよその料金が自動計算されるので、納得できた場合に連絡先を添えて申し込みをするのです。

低予算でも工夫して作る

冊子

同人誌の表紙や本文に使う用紙を工夫すると、同じ原稿でも仕上がりに差が出ます。無料の紙見本を用意している印刷所もあるので、具体的なイメージが湧かない場合は実物を見ながら印刷デザインを考えるのが一番分かりやすい方法です。

もっと読む

印刷や製本のサービス

CMYK

同人誌を印刷したい場合、専門の印刷所へ注文するのがおすすめです。そういったところは少部数からでも対応してくれたり、印刷の説明や製本について詳しく説明してくれます。オンラインのサイトからいつでも注文ができるので、気軽に同人誌作成ができるようになっています。

もっと読む

業者を使うメリット

男性

同人誌にはコピー本と印刷業者に任せた製本の二つがあります。どちらもメリットとデメリットがあり、自分に合った方を選択する必要があります。製本まで自分でやりたい場合はコピー本、製本は専門に任せて中身に集中したい場合は業者、と分けて考えましょう。

もっと読む